ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

熱いトタン屋根の猫 1958 MGM

監督脚本 リチャード・ブルックス

原作 テネシー・ウィリアムズ

出演

ポール・ニューマン

パール・アイブス

エリザベス・テイラー

マドレーヌ・シャーウッド

ジャック・カーソン

テネシー・ウィリアムズにしてはラストがハッピーエンド。

原作ではブリックの同性愛が匂わされていたが、映画ではその部分はカット。

ブリックは南部の大金持ちの次男坊でフットボールの元スター選手。

しかし引退後、なにをやってもうまくいかず、酒浸りになり、妻のマギーに当たり散らして触れもしない。

先日も酔ってハードルを跳んで足の骨を折る。

一方、父のビッグダディは病で倒れ、長男のグーパーは医者から余命幾ばくもないと宣告される。

グーパーの妻メイは早速、遺産を独り占めしようと目論んで、夫をたきつける。

父の帰宅の日、無事を祝う振りをして、母に財産を譲るように説得にかかる。

長男の嫁メイ役のマドレーヌ・シャーウッドの鬼嫁ぶりがすごい。

富士真奈美も真っ青だ。表情からして毒々しい。

エリザベス・テイラーは彼女の演技に救われただろう。

エリザベス・テイラーは演技派だから、たしかに欲求不満がたまっているような感じが出ていた。

ただ、シャーウッドのすごい顔の前に目立たなかったが、若い頃の美しさも色あせてきた。

まだ26歳だったが、プロデューサー・マイケル・トッドと三度目の結婚をして引退して来日したりしていたが、夫が急死してすぐ復帰したのがこの作品。

美しくいてくださいという方が難しいだろう。

また、この頃から豊満になりはじめたようだ。

エキゾチックな顔立ちの人は年を取っても太りにくいのだが。

酒の飲み過ぎかな。