読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

華麗なるギャツビー 1974 Paramount

アメリカじゃ高校の教科書にも載っている英文学の古典「華麗なるギャツビー」がまたまた映画化された。

今回ギャツビー役はディカプリオ、語り手のニック役はトビー・マグワイヤ、そしてヒロイン・デイジー役はオスカーに近づいた英国女優キャリー・マリガン

でも見る気がしない。

ディカプリオやトビーって子役のイメージが強くて「ちびっ子ギャング」のような感じがするのだ。

ロバート・レッドフォード主演の「華麗なるギャツビー」(1974年)で、誰がデイジーを演じたのか、ど忘れしてしまった。

DVDを取り出して見てみると、ミア・ファローだった。

ギャツビーが身代わりに犠牲になるほどの美形とは思えないのだけど、たで食う虫も好き好きかな。

1974年映画として原作に加えているのは、ギャツビーの死後ニックがジョーダンに別れを告げているラストシーンで、トム・デイジー夫妻を登場させる。

そこでデイジーはニックを新居に誘っているが、その眼が何かを懇願するようだった。