ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

有りがたうさん 1936 松竹蒲田

清水宏監督が全編ロケで撮った名作ロードムービー

伊豆の踊子の逆コースを通って、下田から修善寺方面へ向かう乗り合いバスの一日を追ったお話。

海外でのタイトルは、Mr.Thank You というそうだ。

2.26事件の翌日に公開されたということだが、その通り、昭和大不況を背景にした映画でもある。

バスの運転手は道を譲ってもらうと「ありがとう」とよく通る声を掛けるので地元の人から「有りがたう」さんと親しまれている。

今日もバスはさまざまな人を乗せて出発する。

下田を離れる酌婦、東京へ売られていく娘とそれに付きそう母親、ひげを生やして紳士面の無尽勧誘員。

また道行く若い女に声を掛けられては、「有りがたう」さんはそのたびに車を止め話を聞いてやる。

前方不注意でガケから転落しそうになって乗客が肝を冷やしても、「とんだ軽業をお見せしちまいまして」といって車内を和ませてしまう。

そんな彼が気になるのは売られる娘の行く末である。

日本でトーキーが始まって数年でこの映画を作るなんて、日本人も捨てた物でない。

この作品では台詞が極端にゆっくり発音されてユーモラスな反面、当時の不況と朝鮮人労働問題もえぐり出している。

そもそも「有りがたう」という言葉がかえって、ギスギスした世の中を暗示している。

清水監督が子供扱いが上手なだけの監督ではなく、当時の小津安二郎監督同様にタイムリーだったことがよくわかる。

この映画を見てはじめて、上原謙がさわやかな好人物に見えた(笑)

これを見たら、いい人だなあと思ってしまう。

しかし戦後は化粧の濃い京本政樹のようなタイプになるのだ。

たとえば「晩菊」で杉村春子のかつての恋人で今は落ちぶれて無心に来る役だとか。

桑野通子はここでは汚れ役だったが、森永のスイートガールからダンサーを経て銀幕デビューまだ三年目である。

母に言わせると、彼女はプロポーションが抜群だったそうだ。

デビュー直後は清水監督に重用された。

いつ見ても明るく頭が良さそうな感じを受ける。

監督 清水宏

原作 川端康成

撮影・青木勇

音楽・堀内敬三

出演

上原謙

桑野通子

築地まゆみ

二葉かほる

水戸光子