読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

宇宙大怪獣ドゴラ 1964 東宝

ヒーローでなくハチ毒にも詳しい物性論研究者が地球を救う非ゴジラ系怪獣映画。

併映は「喜劇駅前音頭」。

ダイヤ盗難事件が世界で続発する。

日本の強盗団がダイヤを盗んでいる最中、不思議な物体に襲われ、ダイヤを奪われる。

警視庁外事課駒井刑事は謎の外人を宗方博士の研究所で追い詰めるが、逃げられる。

宗方博士が持っていたダイヤはまんまと盗まれていた。

しかしそれは人工ダイヤであった。博士は結晶学の権威だったのだ。

駒井刑事は博士に一連の奇妙なダイヤ盗難事件について意見を尋ねる。

北九州の炭鉱が謎の物体に襲われたが、博士は何故か自衛隊の西部方面総監と顔見知りで、レーダーや観測結果を見せてもらい、謎の物体とハチとの関係について仮説を立てる。

強盗団が最後に怪獣騒ぎで吹っ飛ばされるという、ありきたりな筋書き。

いかにもご都合主義な映画だが、ガス人間のごとく怪獣を表面に出さない演出は気に入った。

怪獣は着ぐるみではなく、珍しくアニメで処理されている。

怪獣が退治された後、中村伸郎が秘書役の藤山陽子と笑顔を見合わせるシーンで、大ベテラン中村の笑顔が引きつっているのが見所。

新劇の重鎮も特撮映画ではデビュー3年目の若手女優に敵わなかった。

監督 本多猪四郎

特撮監督  円谷英二

脚色 関沢新一

原作 丘美丈二郎 (「スペース・マンモス」)

製作 田中友幸 田実泰良

撮影 小泉一

美術 北猛夫

音楽 伊福部昭

出演

夏木陽介 (駒井)

ダン・ユマ (マーク)

中村伸郎 (宗方博士)

藤山陽子

藤田進

河津清三郎

若林映子