読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

暖流 1957 大映

240.大映(~59年)

戦後の大映映画の暖流である。

松竹が戦前、高峰三枝子水戸光子で撮っていたと記憶しているが、内容は忘れていた。

日疋は恩人である志摩に請われて病院の建て直しをすることになる。

病院はジュニアの泰彦が医者であると言うだけで、真面目に働かないので、立ちゆかなくなっていた。

日疋は院長の娘啓子を愛していたが、看護婦のぎんをスパイにして病院内部情報を手に入れる。

二人は女学校での友人だった。

しかし院長がとうとう亡くなり病院乗っ取り派は関西の資本家と結びつき、日疋を病院から追い出す。

左幸子がエネルギッシュな女性役を好演。

増村保造らしい演出で、松竹とはちがう好印象を持った。

監督 増村保造

脚色 白坂依志夫

原作 岸田国士

製作 永田秀雅

撮影 村井博

出演

根上淳 (日疋祐三)

左幸子 (石渡ぎん)

野添ひとみ (志摩啓子)

小川虎之助 (志摩泰英)

村田知栄子 (志摩滝子)

船越英二 (泰彦)

品川隆二

広告を非表示にする