ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

トプカピ 1964 UA

政治的な傑作を撮り、赤狩りでハリウッドを追われたジュール・ダッシン監督が、「日曜はダメよ」から四年後に撮った娯楽盗賊映画。

当時はピンクパンサーのような、ヨーロッパ的なおしゃれクライムストーリーが流行っていた。

メリナ・メルクーリが、マクシミリアン・シェル、ロバート・モーリーと組んで、宝石を散りばめた王家の短刀を狙う。

しかしトルコ国家警察はメリナたちをテロリストとしてマークし、冴えない英国人ピーター・ユスチノフをスパイとして送り込む。

昔は吹き替えで見たのだろう。

字幕番だとメリナがしわがれ声で、あまり色気を感じなかった。

ロバート・モーリーが好演。

この二年後の1966年、監督はメリナと再婚する。

監督 ジュールス・ダッシン

脚本 モンヤ・ダニシェフスキー

原作 エリック・アンブラー

撮影 アンリ・アルカン

音楽 マノス・ハジダキス

出演

メリナ・メルクーリ

ピーター・ユスティノフ

マクシミリアン・シェル

ロバート・モーレイ

広告を非表示にする