ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

流れる 1956 東宝

幸田露伴の娘である幸田文の原作「流れる」の映画化。

東京の芸者置屋つたの家に、お春という女中が雇われる。

そのお春の視点で見た、つたの家の人間模様を描いている。

つたの家には、女将つた奴の姉おとよが相談に来る。

おとよはつたの家に貸金があり、ある社長につた奴を世話して借金の肩代わりさせるつもりだった。

ある日、元芸者の叔父が、姪のことををタネにゆすりに来る。

つた奴は姉に連れ出されるが、社長との顔合わせだと知り、水野屋の女将と抜け出してしまう。

姉は怒って、つたの家に怒鳴り込む。

田中絹代山田五十鈴の両大女優に高峰秀子が絡む組み合わせは素晴らしい。

中北千恵子、岡田茉莉子杉村春子さらに久々に登場の粟島すみ子も良い味を出している。

成瀬監督は女優を取らせたら世界一だ。

監督 成瀬巳喜男

脚色 田中澄江 井手俊郎

原作 幸田文

製作 藤本真澄

撮影 玉井正夫

出演

田中絹代梨花(お春))

山田五十鈴 (つた奴)

高峰秀子 (つた奴の娘)

中北千枝子 (つた奴の妹)

杉村春子 (染香)

岡田茉莉子 (なゝ子)

賀原夏子 (つた奴の姉)

栗島すみ子 (水野の女将)

宮口精二 (なみ江の伯父)

仲谷昇 (お浜の甥)

広告を非表示にする