読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

ハワイの夜 1953 新東宝

太平洋戦争前後のハワイ日系人の悲劇を描いた作品。

1940年、水泳大会で日本はハワイに遠征して優勝する。

その夜、パーティーで明と日系二世にジーンは出会い、愛し合う。

しかし二人の祖国は敵対していた。

12月8日、ついに真珠湾攻撃が起きた。

日本に戻った明は陸軍に出征する。

真珠湾攻撃映画としては、アメリカ映画「地上より永遠に」より先に作られた作品だが、内容は単なる反戦メロドラマだ。

東宝は当時はおそらくアメリカに気を遣っていたのだろう。

監督 マキノ雅弘 松林宗惠

脚本 松浦健郎

原作 今日出海

撮影 三村明

音楽 鈴木静一

出演

鶴田浩二 (加納明)

岸惠子 (ジーン河合)

杉勇 (ジーンの父)

水島道太郎 (ジーンの兄)

三橋達也 (明の同僚)

水の江瀧子 

瀧花久子