ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

夜の河 1956 大映

巨匠吉村公三郎と撮影監督宮川一夫が総天然色で25歳の最も美しかった頃の山本富士子を撮ったメロドラマ。

京染の世界に生きるきわは、自分の作品であるネクタイを使っている阪大教授竹村と出会う。

竹村には病気の妻がいたが、介護に疲れた彼は大文字の夜、きわを抱く。

きわと再び白浜で会った竹村は「もう少しだ、待ってくれ」と言う。

現代的に言うと、山本富士子は太って見える。

白黒フィルムなら良いのだが、カラーだと膨張して見える。

驚いたことに、京都を舞台にした映画でありながら、東大赤門や法文一号館(or二号館)でロケを行っていた。

監督 吉村公三郎

脚色 田中澄江

原作 沢野久雄

製作 永田雅一

撮影 宮川一夫

美術 内藤昭

音楽 池野成

出演:

山本富士子 (舟木きわ)

小野道子    (妹美代)

川崎敬三    (岡本五郎)

上原謙    (竹村幸雄)

山茶花究    (篠田)

若杉曜子    (開陽亭の女主人)

東野英治郎 (舟木由次郎)

小沢栄    (近江屋)

広告を非表示にする