読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

動物園物語より「象」 1957 東宝

戦争童話「かわいそうなぞう」と同じ上野動物園の動物処分に関する戦中人情話。

意外だが、戦争末期ではなく1943年に起きた実話だそうだ。

軍部が処分命令を出したわけではなく、東京都が気を回しすぎ、先に手を打ってしまった。

象の花子が有名だが、これは戦後インドから輸入された二代目「はな子」がまだ井の頭公園で健在であるから。

この映画の主役は当時上野動物園にいた三頭の内、最後に死んだトンキーである。

童話では餓死したはずだが、映画では銃殺される。

エノケンはこの映画ではめずらしくコメディアンとしてではなく、悲劇を熱演している。

監督:山本嘉次郎

出演

榎本健一本間文子小林桂樹、生方荘児、堺左千夫河内桃子、安西郷子、小杉義男