ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

雪乃丞変化 1963 大映

めずらしい大映オールスター映画。

1963年の作品だが、大御所総出演である。

原作の6回目の映画化。

第一回作品に主演した長谷川一夫が映画出演300作を記念してリメイクした。

長崎の大店の息子雪太郎は時の長崎奉行土部三斉、広海屋、川口屋の陰謀にかかり、父母を失い旅芸人の一座に拾われる。

大阪で頭角を現した女形雪乃丞は武芸と学問に親しみ、天保年間に江戸へ進出する。

江戸には出世を遂げた土部三斉がいた。

雪乃丞は義賊闇太郎の支援を受けて、土塀一族に復讐を遂げる。

山本富士子が、いなせな盗賊お初を演じていて、素晴らしい。

大阪人とは思えない、気っぷの良さに惚れ直した。

映画「細雪」の「雪子」よりずっと良い。

また先代市川中車を初めて見た。

初代猿之助の次男。

今の四代目猿之助の曽祖父の弟である。

今の中車(香川照之)よりすらっとタテに伸びたいい男だった。

長谷川一夫は二代目雁治郎の父初代雁治郎の弟子である。

はじめは師の命令を受け松竹映画に出演していたが、師の死後東宝に移って、刃傷事件が起きる。

原作はジョンストン・マッカレーの「双生児の復讐」を翻案した三上於菟吉新聞小説「雪乃丞変化」。

のちの変身ヒーローものの先駆けでもあった。

監督: 市川崑

脚色: 伊藤大輔衣笠貞之助

脚本:和田夏十

音楽: 芥川也寸志、八木正生

出演

長谷川一夫

山本富士子

若尾文子

二代目中村雁治郎

八代目市川中車

勝新太郎

市川雷蔵

船越英二

林成年

柳 永二郎

伊逹三郎

大辻伺郎