読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

シマロン 1960 MGM

全米46番目の州オクラホマ開拓を描いた2時間半の西部劇。

さぞや男っぽい映画と思うと、裏切られる。

放浪癖のある夫ヤンシーを支える妻セイブラの物語である。

ランドラン(Land rush)にはたまげた。

国は開拓地を払い下げるが、当然多数が応募する。

そこで抽選せずに、軍がスタート地点を決め、そこから目的の土地へ競馬で誰が一番早く着くかで、所有権を争うのだ。

こんな国に競馬で勝とうとしていたのか?

おそらくチャールズ・ウォルターズが先にメガホンを取ったのだが、プロデューサーと折り合いが合わず、アンソニー・マンがあとを継いだと思われる。

最初のノリは古典的な西部劇だったが、最後はアンソニー・マン的なひねりのある終わり方になっている。

グレン・フォードはどうして天下のMGMで主役をはれたのか、よくわからない。

ヒロインにマリア・シェル、ライバルにアン・バクスターというのも地味だ。

2時間半も保たない配役だが、原作あるいは脚本の妙で最後まで見てしまった。

アメリカ人は、1930年にアカデミー作品賞を取ったオリジナル作品があるためか、厳しく批評しているが、

西部劇でありながら、女性映画である点は評価したい。

監督 アンソニー・マン (チャールズ・ウォルタース)

脚本 アーノルド・シュルマン

原作 エドナ・ファーバー 1929

製作 エドマンド・グレンジャー

出演者

グレン・フォード

マリア・シェル

アン・バクスター

トム・ワイアット

ソル・レヴィー

音楽 フランツ・ワックスマン

撮影 ロバート・サーティース

広告を非表示にする