読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

フラガール 2006 シネカノン

監督 李相日

音楽 ジェイク・シマブクロ

脚本 李相日 、羽原大介

出演:

松雪泰子

豊川悦司

蒼井優

山崎静代

寺島進

志賀勝

大河内浩

菅原大吉

高橋克実

岸部一徳

富司純子

昭和40年代、福島県の炭鉱町に誕生した常磐ハワイアンセンターにまつわる実話を基に、

フラダンスショーを成功させるために奮闘する人々の姿を描いた感動ドラマ。

李相日監督がメガホンをとり、石炭から石油へと激動する時代を駆け抜けた人々の輝きを

ダンスを通じて活写する。

とヤフーの解説にあるが、ぴんと来ない作品だった。

なぜこの映画が、日本アカデミー賞を取ったのだろうか。

これを見ていると、シネカノンが潰れても仕方ないように思える。

実話なのに真実味がない。

出演者が多すぎて、区別がつかない。

森ガール蒼井優だけは収穫だった。

彼女のフラダンスが現代のフラと比べて素人くさいのは、実際当時のテクニックがその通りだったのだろう。