読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

神戸市長選挙

政権与党ミンス党は、参院補選に集中して、完勝した。

これで無所属の糸数氏を加えて、参議院での過半数獲得に王手をかけると見られる。

小沢闇将軍は、かつて新進党を裏切った社民党を切りたくて仕方がないのだ。

みずほ少子化相の威勢がいいのも、来年の参院選までか。

地方選挙についてはミンスは捨てて掛かっていた。

したがって、宮城県ではジリ貧党支援の現職候補に惨敗を喫する。

だいたい、49歳の現職に62歳の新人をぶつけるなんて、共産党でも考えない作戦だ。

そして、ついに神戸市長選も結果が出た。

非常に残念だが、わずか8000票差で樫野孝人は、現職のやだもん(ミンス単独推薦)に敗れた。

途中では、もしや勝っちゃうのではないかと思わせる、奮闘ぶりだった。

敵は組織票頼みだから、おそらく2%投票率が上がっていれば、本当に樫野が勝っていた。

敗因は、

1,ミンス党に支援要請して、土壇場で断られた。

2,それを神戸新聞が書きたてた。(マスコミは、ミンス党が押さえている。)

3,橋下知事首長連合にも相手にされなかった。

4,ウェブサービスの上場企業社長にしては、Youtubeの映像やホームページが手作り感覚いっぱい。ネットでの現職批判の声をまとめきれなかった。

5,選挙運動も左派を意識した、地味なものになった。

6,選挙当日の天気が悪かった。

7,準備期間があまりに短かった。

などが挙げられる。

また、現職苦戦の原因は

1,ミンス党の勢いに乗ったと思い込み、油断した。

2,選挙運動に熱が入らなかった。(応援演説に大臣が来ても、ミンスマンセーとしか言わない。)

3,外国人の地方選挙権問題がクローズアップされる。

4,神戸空港廃港問題で、橋下知事伊丹空港存続を唱える。

5,東部の裕福なジリ貧党支持者が樫野支援に回った。

などである。

樫野のマニフェストの内容をそのまま予算化すると、財政破綻する(笑)という点は、たいした問題ではなかった。

現職批判がそれ以上に大きかったと言うことだ。

次点バネが働くので(資金繰りさえつけば)次はどんな選挙に出ても勝てる!

来年の参議院選挙に出て、アホの中田(前横浜市長)を早く見返してくれ。

選管発表投票結果

http://www.kobe-senkyo.jp/kaihyo/shityo-kaihyokakutei.html

広告を非表示にする