ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

丹下左膳余話・百万両の壺 1935 日活京都

監督 山中貞雄

出演 大河内傳次郎

    喜代三

    沢村国太郎

    花井蘭子

丹下左膳大岡越前のサブキャラクターだったが、隻眼隻腕の剣士という設定が受けて、スピンアウトした。

当初はニヒルな役だったが、作を重ねるにつれ、次第に正義漢へと変わっていく。

そして伊藤大輔監督が日活を辞めたため、若い山中貞雄に出番が回ってきた。

山中貞雄は従来の左膳像をパロディにして、この「百万両の壺」を見事に人情喜劇に仕立てた。

これ以後のチャンバラコメディに多大な影響を与えた作品である。

テレビドラマ「ぶらり信兵衛道場破り」でもあった、道場破りの八百長の原型がここで見られる。

喜代三(きよぞう)姐さんは小股の切れ上がった鹿児島の芸者さんだった。

しかし「鹿児島小原良節」をレコードに吹き込んでから、全国的に人気が出た。

その後、名曲「明治一代女」(作曲は大村能章)を大ヒットさせる。

映画でも活躍したが、中山晋平の後添いに入って引退した。

この作品でも独特な声で艶のある演技を見せてくれる。