ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

死との約束 2008 ITV

042510858901lzzzzzzz

2008年のポワロシリーズ最終作。

「ナイルに死す」と同じ頃に書かれた中東旅情ミステリー。

死海殺人事件」として映画化されたこともあり、通のファンには愛されている作品だ。

加虐趣味の意地悪ばあさんが白昼、炎天下で殺される。

虐められていた養子に疑いの目が向けられる。

ポワロの推理は?

予算が余っていたかのように、出演者は大物揃いである。

少し悪い予感がするが、如何だろう。

Directed by Ashley Pearce

Screenplay by Guy Andrews

Novel by Agatha Christie

Cast

David Suchet ... Hercule Poirot

Christina Cole ... Dr. Sarah King

Zoe Boyle ... Jinny Boynton

Tom Riley ... Raymond Boynton

Emma Cunniffe ... Carol Boynton

Angela Pleasence ... Ex-Nanny

Beth Goddard ... Sister Agnieszka

Christian McKay ... Jefferson Cope

John Hannah ... Dr. Gerard

Elizabeth McGovern ... Dame Celia Westholme

Tim Curry ... Lord Boynton

Cheryl Campbell ... Lady Boynton

Paul Freeman ... Colonel Carbury

1937年のシリア。

ポワロは洗礼者ヨハネの遺骨発掘を見学するツアーに参加していた。

ボイントン卿と息子レナードが発掘を主導していて、裕福なアメリカ人のボイントン夫人がスポンサーをつとめている。

ボイントン夫人はサディストで、養子レナード、養女キャロル、ジニーを虐めて楽しんでいた。

他にツアーの一行にはサラ・キング医師、ジェラール博士、シスター・アグネスカ、旅行作家セシリア・ウェストホルム、それにアメリカ人ジェファソン・コウプがいる。

ある夜、ポワロは「彼女は殺されなければならない。」と言う声を聞く。

今回の作品もまた原作と大きくかけ離れている。

とくにお涙頂戴に仕上げたのが気に入らない。

一度しか読んでいないが、犯人が明らかになったときに、ほっとしたものだ。

でもこのドラマでは、救いがない。

だいたい、この結末では「ナイルに死す」と、どこが違うんだ?

前作「マギンティ夫人は死んだ」ではうまく演出したアシュレー・ピアスだが、この作品は失敗作。

大物を使いすぎているから、こういう結果を呼ぶ。

スターはせいぜい一人で十分だ。

スターがいなくても、脚本の書きようで、いくらでもおもしろくできたはずだ。

こんな事をやってたら、「オリエント急行殺人事件」に行き着く前に、デビッド・スーシェが下りて、シリーズが終わってしまうだろう。

ドラマが見あたらないので、映画版の死海殺人事件(1988)

キャスティングはこのドラマより数段上だが、超大物が出ているため、誰が犯人か見え見えだ。

今回のシリーズでは、やはり「マギンティ夫人は死んだ」がベスト。

次は「鳩のなかの猫」、「第三の女」そして「死との約束」の順だ。

人気がない作品ばかり選んでいるので、NHKとしてはなかなか放映できない。

それでも、おそらく8月か年末には放送するだろう。