ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

第三の女 2008 ITV

Image60


シリーズ第三弾。

今夜も英国版DVDで鑑賞。

後期のポワロものは意外に掘り出し物が多いのだが、ドラマでは如何か?

Directed by Dan Reed

Novel by Agatha Christie

Screenplay by Peter Flannery

Cast:

David Suchet ... Hercule Poirot

Jemima Rooper ... Norma Restarick

Clemency Burton-Hill ... Claudia Reece-Holland

Matilda Sturridge ... Frances Cary

Tom Mison ... David Baker

James Wilby ... Andrew Restarick

Caroline O'Neill ... Nanny Lavinia Seagram

Peter Bowles ... Sir Roderick Horsfield

Lucy Liemann ... Sonia

Haydn Gwynne ... Miss Battersby

John Warnaby ... Inspector Nelson

David Yelland ... George

Zoe Wanamaker ... Ariadne Oliver

ある日、ポワロは取り乱した若い女性の訪問を受ける。

彼女はノーマといい、人を殺したかもしれないと言う。

しかし彼女は、ポワロを見て「年を取りすぎている」と言って、逃げ出す。

実はオリバー夫人がノーマとその二人のルームメートのパーティーに招かれ、そこでノーマから相談を受けて、ポワロを紹介したのだ。

その後、ノーマの乳母だったミス・シーグラムがナイフで腕を切って、死んでいるのが発見される。

自殺という報告だったが、ポワロは腑に落ちない。

ポワロがノーマの父を訪ねているとき、オリバー夫人は暴漢に襲われる。

昨日の「鳩のなかの猫」は原作を少し改編していたが、この作品はさらに大きく改造している。

ドラマの前半部分は良かった。

主役ノーマは、ジミー大西の妹のような顔つきで、ぱっとしない感じ。

その彼女が番組冒頭に

"Beside you're too old."

と言ってポワロのプライドをずたずたにしてしまう。

また執事のジョージもかなり良い味を出していた。

オリバー夫人はシャーリー・マクレーンのように派手になってきた(笑)

しかしドラマの後半では、原作の大どんでん返しを使ってない(あるいは使えない)のだ。

ハイビジョンの時代には、この手のトリックは難しいのだろう。

そのために、原作からずれていった。

おかげでノーマが○○することになる。

最後は無理矢理帳尻を合わせたが、かなり消化不良の感が残った。

日本人は江戸川乱歩から京極夏彦まで、後期アガサ・クリスティのような心理的推理小説を非常に好んでいるが、

多くのアメリカ人やカナダ人は、そんな小説を嫌っている。

そういう連中は原作より、ドラマの方が良かったと言っているようだ。

広告を非表示にする