ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

戦争と平和 パラマウント 1956

監督 キング・ヴィダー

原作 レオ・トルストイ

脚本 エンニオ・デ・コンチーニ

撮影 ジャック・カーディフ、アルド・トンティ

音楽監督 フランコ・フェルラーラ

作曲 ニーノ・ロータ

配役:

オードリー・ヘップバーン (Natasha Rostov)

ヘンリー・フォンダ (Pierre Bezukhov)

メル・フェラー (Andrey)

ヴィットリオ・ガスマン (Anatole Kuragin)

ジョン・ミルズ (Platon Karatsev)

ハーバート・ロム (Napoleon

アニタ・エクバーグ (Helene)  ☆

ご存じ、トルストイの名作の映画化。

ナポレオン戦争の頃のロシアのお話だ。

オードリーのナターシャ、アニタ・エクバーグのヘレンは良いとして、男優の配役に長年疑問を感じている。

ピエールがヘンリー・フォンダとか、アンドレイがメル・ファーラーとか、誰がキャスティングをしたら、こうなるのか、不思議だ。

DVDの映像で見ると、ますます違和感が募る。

また今回、ナポレオンがハーバート・ロムだと、はじめて知った。

ヌードも辞さぬ名演技だった(笑)

ハリウッド版は3時間あまりの長さだ。

一度に見てしまうと、中心人物が不在で、途中でだれてくる。

一方、ソ連版はさらに長尺な6時間版だ!

連続テレビドラマのつもりで、何回かに分けてみなければいけないだろう。

しかし凝った作りらしくて、なかなか良いという話だ。

女優の実際の成長に合わせて、ナターシャのシーンを撮影したと言う。

男優の配役も原作のイメージに近い。

値段は高いが、一度見てみたい。

ハリウッド版の予告編。

ソ連版の舞踏会デビューシーン。