ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

海を飛ぶ夢 2004 スペイン

ラモンは首から下が、飛び込みの失敗で不随となり、26年もの間ベッドから動けない。

彼は尊厳死を希望するが、スペインがカトリック国であるため、認められない。

一方、弁護士のフリアは進行性の痴呆症に冒され、記憶を失ってしまう恐怖におびえている。

彼女自身も死を望んでいた。

フリアは、ラモンの事件を依頼され、法廷準備を進めるうちに、同じ苦しみを共有するラモンに惹かれていく。

ある日、フリアは彼の詩集を発見する・・・

監督 アレハンドロ・アメナバール

出演:

ハビエル・バルデム:ラモン

ベレン・ルエダ:フリア

ロラ・ドゥエニャス:ローサ

2004年アカデミー外国語映画賞受賞作品だ。

サスペンス作品を得意としていた監督が、尊厳死という社会問題に切り込んだ作品。

カトリックの国だから、この映画はセンセイションだったが、

自殺大国の日本人には,あまり新鮮には感じられない。

主演のハビエル・バルデムはヴェネチア映画祭で主演男優賞を得た。

マイケル・ケインみたいなオッサンだ。

監督の新作は今年のカンヌ映画祭特別招待作品"Agora"(2009)

4世紀ローマ帝国支配下のエジプト女性数学者ヒパティアのお話。

オスカー女優レイチェル・ワイズ主演だ。