ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

ゴッドファーザー・パート2 1974 パラマウント

言わずとしれた名作。IMDBで2009年4月15日現在、評価は9.0点だ。

この映画を、20年ぶりに見た。

ほぼ覚えていた。

今回見て、はっと気づいたことは、ローマ時代の自殺に関する知識をイタリアマフィア(マイケル・ガッツォ)と米国の弁護士(ロバート・デュバル)が共有していたことだ。

戦前生まれの弁護士は当然、学校で古典ラテン語を学んだだろう。

しかし無学なマフィアが自国の歴史だは言え、そういうことに通じているとは、さすが歴史を重んずるイタリア人だと思った。

日本人は飛鳥時代の主要な自殺(あるいは処刑)方法が首つりだったことを知っているだろうか。

監督 フランシス・フォード・コッポラ

脚本 フランシス・フォード・コッポラマリオ・プーゾ

音楽 ニーノ・ロータ、カーマイン・コッポラ

撮影 ゴードン・ウィリス

配役:

アル・パチーノ - マイケル・コルレオーネ

ロバート・デュヴァル - トム・ヘイゲン

ダイアン・キートン - ケイ・アダムス

ロバート・デ・ニーロ - ドン・ヴィトー・コルレオーネ

ジョン・カザール - フレド・コルレオーネ

タリア・シャイア - コニー・コルレオーネ

リー・ストラスバーグ - ハイマン・ロス

マイケル・V・ガッツォ - フランキー・ペンタングリ