ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

悪い奴ほどよく眠る 1960 東宝

ヤミ専従疑惑で農水省課長更迭

前秘書課長はトカゲのしっぽ切りだ。

でも選挙前だけに、現在の事務次官も与党に見捨てられて斬られるだろう。

51歳で秘書課長とは、厚生労働省もよくわからない人事だ。

大蔵省なら普通、現在の僕と同じぐらい(45~50歳)で秘書課長になって、その後、事務次官から日銀総裁になるのが超エリートコースだった。

知り合いに役人は多いが、僕の友人でそこまで偉くなる奴はいない。

だから悪い奴もいないだろう。

「悪い奴ほどよく眠る」は、1960年製作の第一回黒澤プロ作品。

公団汚職をめぐる社会派サスペンスだ。

シェークスピアの「ハムレット」をベースにしている。

最初から犯人が明らかであり、このまま終わるのかな、と思っていたら、最後にどんでん返しがある。

アカデミー賞名誉賞とヴェネチア映画祭を獲得した名作「羅生門」の主役コンビ(三船敏郎森雅之)が再び対照的な役柄を演ずる。

この作品は悩めるハムレット役の三船敏郎でなく、公団副総裁の老け役(クローディア)を演じた森雅之の方がはるかに美味しい。

なかなかの怪演である。

児玉清が若い記者役を力みかえって演じている。

女優では香川京子が、けなげできれいだった。