ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

A Contess from Hong Kong (チャップリンの伯爵夫人) 1967 Universal

チャップリン最後の監督作品。

自らも給仕長役でちょっとだけ出演。

1967年上映時に、この映画は古くさく感じられたのか、ヒットしなかった。

結果的にチャップリンは、唯一のカラー作品を我々に残してくれたわけだ。

見事なほど「古典的に」構成された作品だ。

(いくつか編集の穴はあったけれど。)

ブランドとローレンが、チャップリン流のドタバタコメディを演じるなんて、

今となっては考えられないことだ。

チャップリンを私淑する萩本欽一が、フジテレビの土曜バラエティ「欽ちゃんのどんとやってみよう」で一世を風靡した頃だ。

年末スペシャルか何かで、豪華ゲストを大勢使ったことがあった。

欽チャンは、凄いなと思った。

でもこの映画のキャスティングは、その比じゃない。

しかもヒッチコック映画でおなじみのティッピ・へドレン(「鳥」「マーニー」)が愛人ローレンと対立する、嫌みな女房役なのだ。

また音楽が素晴らしい。

映画がヒットしなかったので、チャップリンが作曲した挿入曲にチャップリン自身が作詞して、隣人に歌わせたら、世界的大ヒットになった。

隣人とは Petula Clark であり、曲は “This is my Song (C’est ma chanson)”

Director: Charles Chaplin

Writer: Charles Chaplin (original)

Music by Charles Chaplin

Cinematography by Arthur Ibbetson

Cast:

Marlon Brando (Ogden Mears)

Sophia Loren (Наташа)

Sydney Chaplin (Harvey)

Tippi Hedren (Martha)

Patrick Cargill (Hudson)

Margaret Rutherford (Miss Gaulswallow)

Charles Chaplin (An old steward)