ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

Les Pétroleuses(華麗なる対決) 1971 仏・伊・西

監督 Christian Jaque

原案 Marie Ange Anies

Jean Nemours

脚色 Guy Casaril

Clement Biddle Wood

Daniel Boulanger

撮影 Henri Persin

音楽 Francis Lai ☆

出演:

Brigitte Bardot (Louise)

Claudia Cardinale (Maria Sarrazin)

Michael J. Pollard (Marshall)

Patty Sheppard (Petite Pluie)

CC vs BB ラテン美女二人の対決作品だ。

原題は「気性の激しい女たち」という意味で、元はParis Commune での女放火魔を指す。

それに劇中で重要な意味を持つ、石油も引っかけている。

(英題は"Petroleum Girls", 邦題は「華麗なる対決」)

1971年、フランス、イタリア、スペイン合作だ。

コミカルな西部劇映画だが、言語はフランス語、スタッフもフランス人である。

マカロニ・ウェスタンのフランス版パロディーだろう。

1880年頃、アメリカはニューメキシコあたりの話。

マリアは、四人の弟を育てる町のお転婆娘。

ルイーズは四人の妹たちを従える強盗団の親分。

マリアは無人牧場に石油が出ることを察知するが、一足先にルイーズが石油のことを知らずに牧場を買い取っていた。

マリアは三倍の値で買い戻そうとするが、ルイーズは裏があると感ずる。

そしてマリアの弟たちを誘拐して、その秘密を知ってしまったから、さあ大変。

アリアとルイーズはとっくみあいの大げんかを始める。

他愛もない映画だが、お色気シーン満載だ(笑)

クラウディア・カルディナーレはスタイル抜群だし、バルドーの妹四人組も美しい。

見所はそれだけだが、それでお腹いっぱいだ[E:spa]

実質的な主役はイタリア人のクラウディア・カルディナーレ だ。

東映時代劇でいえば、クラウディア は大石内蔵助で、バルドー は俵星玄蕃だ。

なのにフランス人のプライドのせいか、バルドー の方がタイトル・クレジットで先に名前が上がる。

俺たちに明日はない」や「脱走山脈」で好演した、

マイケル・ポラード が冴えない保安官役で出演している。