ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

The Drowning Pool (新・動く標的) 1975 Warner

051119

監督 スチュアート・ローゼンバーグ

製作 ローレンス・ターマン

デイヴィッド・フォスター

原作 ロス・マクドナルド

脚本  トレイシー・キーナン・ウィン

ロレンツォ・センプル・ジュニア

出演:

ポール・ニューマン (Harper)

ジョアン・ウッドワード (Iris)

アンソニー・フランシオーサ (Broussard)

マーレイ・ハミルトン (Kilbourne)

ゲイル・ストリックランド (Mavis

メラニー・グリフィス (Schuyler)

リンダ・ヘインズ (Gretchen)


「動く標的」に続く、第2弾。

この原作は「動く標的」ではなくて、「魔のプール」(未読)という。

ポール・ニューマンは奥さんジョアン・ウッドワードと共演。

若いメラニー・グリフィスが重要な役で出演。

原作の主人公リュー・アーチャーは、前作同様にルー・ハーパーという名になっている。

ルーは、ルイジアナ州の良家の夫人から脅迫事件の解決を依頼されるが、

夫人の姑の殺人事件に巻き込まれる。

どうやら石油利権が絡んでいるらしい。

ルーは犯人と目されるパットをニュー・オーリンズで確保する。

しかし護送中、なぞの仮面集団に襲われ、パットは殺される。


大して面白くないなあ、なんて油断していたら、まんまとしてやられた。

ルーが敵に捕まって、水治療室に閉じ込められ、拷問される。

その部屋から脱出するシーンで思い切り盛り上がる。

原題名を直訳したタイトルならば、ネタバレになっていた。

(水治療室というのがあるのを初めて知った。)