ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

人情紙風船 1937 PCL

監督:山中貞雄(当時29歳)

脚本:三村伸太朗

撮影:三村明

美術:岩田専太朗

原作:河竹黙阿弥 歌舞伎「梅雨小袖昔八丈」

出演:

中村翫右衛門 (髪結新三)

河原崎長十郎 (海野又十郎)

助高屋助蔵 (家主長兵衛)

霧立のぼる(白子屋の娘お駒)

加東大介 (猪助)

戦死した山中貞雄監督の遺作。

中村梅若の祖父・中村翫右衛門前進座)と河原崎長十郎前進座毛沢東を支持したため、戦後日共から除名)がW主演している。

江戸の長屋で首つり自殺が発生。

世知辛い世の中には厭世観が充満している。

髪結いの新三は大家に取り入って、お弔いの酒を出してもらい、長屋の一同大騒ぎ。

浪人の海野又十郎は、知人に就職を掛け合うが、取り合ってもらえず、

新三も賭場を開いてやくざの大親分ににらまれる。

何をやってもうまくいかない二人だった。

それが、ある雨の夜、ひょんなことから大きなチャンスをつかむ。


最初、落語のようなお笑いムードで始まったのが、

最後は意外な結末で、ほろ苦映画になってしまう。

さらに最初のシーンとラストシーンが、うまくリンクしている。

今ではハリウッド映画でも珍しくないが、1937年当時としては世界的にも画期的なエンディングだった。

編集時点では監督の下に召集令状は来ていなかった。

それでも「戦争に行けば、必ずおれは死ぬ」と、予想はしていたんだろう。

だから、こんな一世一代の傑作を生み出したのだ。