ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

The Secret War of Harry Frigg (脱走大作戦) 1968 Universal

Mv5bmty3mdqxndg3ov5bml5banbnxkftzty

監督 ジャック・スマイト(動く標的)

製作 ハル・E・チェスター

脚本 ピーター・ストーン、 フランク・ターロフ

撮影 ラッセル・メッティ

音楽 カルロ・ルスティケリ (ブーベの恋人)



出演:

ポール・ニューマン Harry Frigg (熱いトタン屋根の猫、ハスラー、暴力脱獄)

シルヴァ・コシナ Countess di Montefiore (魂のジュリエッタ黄金の七人エロチカ大作戦)

アンドリュー・デュガン General Armstrong (電撃フリント・アタック作戦)

トム・ボスレー General Pennypacker (名探偵ダウリング神父

ジョン・ウィリアムス General Mayhew (麗しのサブリナ

チャールズ・グレイ General Cox-Robert (シャーロック・_ホームズの冒険のマイクロフト兄)

ヴィト・スコッティ Colonel Ferrucci (ゴッドファーザー)

第2次大戦時、間抜けな連合国の准将5人がイタリア軍の捕虜となる。

彼らは将軍であるため、捕虜でありながら大邸宅にとどめられ、ホテルマン上がりのイタリア軍将校から丁重なサービスを受ける。

彼らは軍人ではあるが、会計や法務の専門家なので、脱走の知識がなかった。

邸の女主人である伯爵夫人フランチェスカ(シルヴァ・コシナ)が若く美人だったことから、彼らは骨抜きにされる。

そこで司令部は、脱走マニアのハリー・フリッグ二等兵ポール・ニューマン)に命じた。

「偽将軍に化けて、5人を連れて脱走せよ」

邸へもぐり込んだフリッグも、フランチェスカの魅力に籠絡される。

偽将軍はいち早く脱出ルートを発見しながら、フランチェスカとの情事にふけってしまう。

6人がのんびりしているうちに、イタリアが連合国に降伏する。

彼らは世にも恐ろしいドイツ軍捕虜収容所に送られる。

天国から地獄である。



戦争コメディだ。

私はこの手の映画が好きだ。

何度も見ているが、毎回同じところでゲラゲラ笑っている。

ポール・ニューマンのすっとぼけたコメディ演技がいい。

また准将五人組(とくにトム・ボスレー)がいい味を出している。


中でもフランチェスカ役のシルヴァ・コシナが最高である。

彼女はインテリなので、英語が巧みだ。

ユーゴスラビア出身だが、戦争でイタリアに移った。

ナポリ大学医学部に通っていたところを、イタリア芸能界にスカウトされる。

ピエトロ・ジェルミの傑作映画「鉄道員」でデビュー。

ソフィア・ローレンほど大物感はなく、クラウディナ・カルディナーレほど美人でもない。

しかし何より、お色気むんむんである。


フランチェスカは普段は伯爵夫人らしい服装に身を包んでいる。

フリッグを連れて駅に出かけるシーンがある。

彼女は膝丈のスカート姿を見せる。

そこで不覚にも私はお色気を感じ、骨抜きにされてしまった。[E:heart02]


(日本でいえば、テレビ女優の本阿弥周子か。)

Honnami02