ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

狐の呉れた赤ん坊 大映京都 1945

Photo

丸根賛太郎監督作品

出演:

張り子の寅八 阪東妻三郎

へちまの辰 羅門光三郎

松屋容斎 原健作

賀太野山 阿部九洲男(九州男)

蜂左衞門 見明凡太郎

おとき 橘公子

善太(7歳)澤村アキヒコ

戦後すぐ公開された名作だが、

チャップリンの「キッド」に影響を受けている。

「無法松の一生」と比べると、ラストがあっさりしている。

ウェットな映画が嫌いな人向き。

名優が大勢出ているのにもかかわらず、阪妻が一人で大活躍している作品。

その表情たるや、すごい

歌舞伎役者の底力を見せつけられる。

悪役俳優、阿部九州男が二枚目の相撲取り役で出ていて意外だった。

調べてみると、戦前は大都映画(大映の前身)のスターだった。

子役善太は津川雅彦マキノ雅彦監督)そっくりの男前だが、兄貴の長門裕之だという説もある。