ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

NHK歌謡コンサート「阿久悠 歌よ時代を語れ」

Marchen

NHK歌謡コンサートで、阿久悠の一周忌特集「阿久悠 歌よ時代を語れ」をやっていた。

本放送はみなかったが、BS2で土曜の昼間、再放送していたので、思わず録画して繰り返しみてしまった。

出演 小林旭五木ひろし八代亜紀都はるみ石川さゆり、JERO、松浦亜弥森昌子石野真子ウルトラマンタロウ、他

作詞家阿久悠の名曲を歌うため、ビッグな歌手が続々と登場した。

「北の宿から」/都はるみ

津軽海峡・冬景色」/石川さゆり

「また逢う日まで」/尾崎紀世彦

「どうにもとまらない」/山本リンダ

熱き心に」/小林旭

朝まで待てない(ザ・モップス)」/ジェロ (モップスを演歌風に歌ってくれた。)

「学園天国(フィンガー5)」/松浦亜弥

本牧メルヘン(鹿内孝)」/ジェロ (鹿内孝に歌ってほしかった。)

「わたしの青い鳥(桜田淳子)」/松浦亜弥 (歌を間違えた。松浦はあまり乗っていないようだ。)

宇宙戦艦ヤマト~真赤なスカーフ」/ささきいさお

ウルトラマン・タロウ」/ささきいさお松浦亜弥・ジェロ

ピンポンパン体操」/ささきいさお松浦亜弥・ジェロ (振り付けが激しくて、子供たちとウルトラマンタロウが良い味を出していた。)

「せんせい」/森昌子 (歌手デビュー当時の「せんせい」である阿久悠とかけている。)

狼なんか怖くない」/石野真子 (若い頃は好みではなかったが、おばさんになって可愛くなった。歯並びを治したせいかな。この曲はアレンジが抜群に良くなっていて、今でも鑑賞にたえる。)

「ざんげの値打ちもない」/北原ミレイ ***

「あれから」/小林旭

「舟唄」/八代亜紀

「契り」/五木ひろし

「青春時代」/全員

中でも印象的だったのは、北原みれい「ざんげの値打ちもない」である。

今日は欠番だった幻の4番も歌っていた。

あれは何月、風の夜

とうに二十歳も過ぎた頃

鉄の格子の空をみて

月の姿がさみしくて

愛というのじゃないけれど、

私は誰かがほしかった

流れから言うと、ここは10月なのだけど、なぜか実際は「何月」になっている。

私はこの部分を、映画の中で聞いた記憶があり、梶芽衣子「女囚さそり」シリーズ(1972年〜)にインスパイアされた歌詞だと思っていた。

しかし調べてみると、1971年東映作品「ずべ公番長」(主演・大信田礼子、橘ますみ、賀川雪絵)の主題歌だった。

女囚さそりの方が、この曲にインスパイアされたかもしれぬ。

幻の4番を含んだ、映画「ずべ公番長」オープニングタイトル

幻の4番が必要か否か、難しいところだ。

4番を加えると全く別の曲になってしまう。

男が聞くと、この4番は余計と思う。

女性は4番の歌詞がある方が好きかもしれない。

実は、後期の阿久悠は流行を追っているように思えて、あまり好きではなかった。

改めてその歌詞を聴いてみると、彼はいつの時代にも通じる、詞を作っていた。

そして、ふと人生を振り返っている自分に気づく。

[E:note]