ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

新ミス・マープル2 親指のうずき グラナダ

Photo_2

この「親指のうずき」は、2005年にフランスで "Mon petit doigt m'a dit..." としてカトリーヌ・フロ主演で映画化されたばかりだ。

それを翌年、しかも本国でドラマ化するのだから、相当に改変してくると思った。

大体おしどり夫婦トミーとタペンスものに、ミス・マープルが出ること自体が、無茶苦茶なことである。

実際(フランス映画以上に)大胆な脚色があった。

しかしなぜか、さほど気にはならなかった。

これはこれで一つのお話だろう。

原作は少し冗長なのが欠点だが、今回のドラマはテンポが非常に良かった。

草笛光子も2作目でジェラルディン・マッキーワンのリズムを得たようだ。

やや、とうは立っていたが、華麗なる女優陣の競演を楽しめた。

まず、派手なタペンス役にグレタ・スカッキ(「推定無罪」「ザ・プレイヤー」)。

適役だったが、タペンスが欲求不満でアル中なのは、どうだろうか。

夫婦円満である、フランス映画の方が良かった。[E:shock]

伯母のエイダ役は、昨日からのチャップリン繋がりでクレア・ブルーム

(「ライムライト」「寒い国から帰ったスパイ」「まごころを君に(アルジャノンに花束を)」、ミス・マープル(ジョーン・ヒクソン)の「鏡は横にひび割れて」)。

しかしメイクアップで化けていて、名前を見るまで誰だかわからなかった。

行方不明になるランカスター夫人に、コマンダー爵位を持つジェーン・ウィットフィールド

(英国テレビの大女優で、オーディオドラマでミス・マープルを演じている。)。

フランス映画版のジュヌヴィエーヴ・ビジョルドよりも良かった。

さらに、養老院の管理人パッカードに、名脇役クレア・ホルマンアガサ・クリスティの「忘られぬ死」)。

惜しかったのは、トミーとタペンスの重要人物・召使いアルバートが出てこなかったこと。

できればこの作品でなく、トミーとタペンスの第二次世界大戦物である「NかMか」をやって欲しかった。

こうなると、再びトミーとタペンスと共演するのは「運命の裏木戸」だろうか。

その頃にはミス・マープルは、いったいいくつになっているのか?