ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

アンテナAN-12が届いた。

室内に伸ばして、早速BCLラジオICF-SW7600GRにつないだ。

1800過ぎから、9525kHz「インドネシアの声」らしい局を聞いた。

2100から、ここで日本語放送をやる筈だから、たぶん合っていると思う。

でも音楽が多くて、トークの言語が聞き取れない。

どうやら東南アジア系の促音が聞こえる。インドネシア語かなあ。

民族音楽は今や、どの国も同じポップスに聞こえる。

やはり鉄筋では、アンテナは外に出さなければいけない。

AN-12 を屋外に放り出した。

さっきまで聞こえなかった954kHzTBSが

ようやくSINPO=44343まであがってきた。

しかし、しばらくすると、ぱったり聞こえなくなった。

数年前までTBSは、関東局でもっとも良く聞こえていたのだ。

それが、ニッポン放送文化放送どころか、ラジオ関東以下になってしまった。

おそらく、設備更新をけちっているのだろう。

受信不可報告書って書いたらどうなるだろう。

インドネシアの声日本語放送を21時半から(放送は2100-2200JST)30分間聞いた。

SINPO=23332〜43333程度か

今日はずいぶん流ちょうな日本語レポートだった。日本人アナがいたようだ。

何か、医者についての話だった。

音楽を挟んで、50分頃からニュース。

担当はインドネシア人女性に変わり、日本語がわかりにくい。

ASEANの五カ国会議の話題だけは、聞きとれた。

ステーションコールもはっきり聞こえた。

久しぶりに聴くから、アンテナの性能か、ラジオの性能か、よくわからない。

よく聞こえる状態で、ラジオだけで聴いてみたら、少し感度が落ちたが、雑音も減った。

SINPO=33433

一方、TBSは完全に内蒙古局(?)に食われている。

22時台は、SINPO=23322が精一杯。

数分すると、モンゴル語(?)になってしまう。

かつての「夜とも」ファンとしては、実に悲しい。

俺の三雲孝江ザ・青春を返してくれ〜!