ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

シタフォードの秘密 アガサ・クリスティ

1931年発表のノン・シリーズ(ポワロや有名な探偵が登場しないシリーズの意味)。

タイトルは有名だが、今まで読んでなかった。

雪に閉ざされた山荘で降霊会が行われる。

お告げは、山荘の主人が死ぬという。

不安を覚えた友人は早速、主人のもとへ駆けつけるが、彼はすでに殺されていた。

犯人は予想通りだった。

しかし、トリックは???

警察は何を見ていたのか。

敏腕警部ナルコットは何をやっていたのか!

馬鹿馬鹿しくて、あきれてしまった。

これだから、アガサは止められない(笑)

この作品は二年前、ジェラルディン・マッキーワンの新ミス・マープル・シリーズでドラマ化されている。

そのうち日本でも放送されるだろう。

原作と比べて、内容をがらりと変えているようだ。

何しろ、配役表にWinston Churchillとある(笑)

どういう結末に描いているか、楽しみだ。

とくに、原作のヒロインであり探偵役でもある、婚約者エミリー(Zoe Telfordが演ずる)は、ミス・マープルが現れたので、役割が変化しているだろう。