ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

Mac Book Pro から、CD/DVDが排出できない

またやってしまった。

今回は、もっとも肝を冷やした。

映画のDVDを挿入したが、入れるときに違和感があり、入ったあとも認識されない。

インターネットで調べると、対処法には次のようなものがあった。

1.Keyboard のイジェクトキーを押し続ける。

2.マウス起動・・・起動時に起動音が鳴るまでマウスボタンを押し続ける。

3.Option起動・・・起動時に「Option」キーを押し、スタートアップマネージャを使ってトレイを開く。

4.X起動・・・起動時に「X」キーを押し続ける。

5.「Eject Extras」フォルダの中にある「Eject」アプリケーションを使用

なぜか、いずれもだめである.[E:crying]

少し排出音がするが、途中で力つきたように静かになってしまう.

6.起動時に「Command」+「Option」+「O」+「F」を押し続け、その後「eject cd」を入力して「リターン」キーを押す.

この方法は以前、Panther時代に使ったことがある.

しかし何と、Leopardでは使えなくなっていた。

他に シングルユーザまたは Verbose モードで起動する方法もあったが、この場合は特に関係ない.

さあどうしたものか。

Appleに泣きつこうか、と考えた。

USBをいっぱい繋いでいたり機能拡張をしているので、全部外して、セーフモードで立ち上げることにした。

これは、Shift起動である。

重力を信じて、挿入口を下にして、イジェクトボタンを何度か連打した。

少し排出音はするが、すぐやんでしまう。

しかし、何か出ているような気がする。

まるで赤ん坊が顔を出すように、DVDがほんのわずかに顔を出している。

しかし引っ張り出そうとすると、逆に中に入ってしまう。

慌てず、イジェクトボタンを押し続けることにした。

2秒押して、1秒休むのが良い。

0.1mmぐらいずつ出てくる。

辛抱強く待っていると、5mmほど頭を出して、引っ張りだすことができた。

他のマシンでも試すと、このDVDは歪んでいて、そのマシンは普通のディスクも読み込めなくなってしまった。

こいつは、札付きの悪だったのだ。[E:bearing]