ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

1997桜花賞回顧2

1997年の桜花賞第二弾である。

この年のトライアルを振り返ろう。

すべて阪神競馬場で実施された。

チューリップ賞 稍重 1600m 

スローペース 前半618+上がり359

1 オレンジピール  先行外伸(クイーンC1着)。 飛びの大きい先行馬である。

2 スカーレットメール 好位外伸、 不利が有った。

3 メジロドーベル 掛り先行一息、 休み明けだった。 (銀杏S、阪神牝馬S1着) ハミを替える。

☆四歳牝馬特別 良 1400m 

ハイペース 前半460+上がり354

1 キョウエイマーチ 四角先頭で押しきる。 ただ埒を頼る。(エルフィンS1着)

2 シーズプリンセス 中団直線差し、 休み明けだった。(ファンタジー1着、阪神牝馬S2着)

3 ヤマニンザナドゥ 好位最内を差す。

アネモネS 稍重 1400m 

ハイペース 前半458+上がり374

1 フミノパラダイス 先行差返し。 鉄砲 で走った。(りんどう賞)

2 タニノマウナケア 好位最内、一旦先頭も捕まる。

☆他の出走馬

タヤスナミムラ (菜の花S1着、TR15着)、

ワンダーステラ (紅梅賞1着、TR9着)、

プロモーション (クイーンC2着から ぶっつけ)、

エイシンアーバン (ききょう賞1着,アネモネ12着) 叩き二走目、

スプリングダイアナ (チューリップ6着) 14戦目、

他800万クラスから5頭。

この頃は外国産馬が強くて、内国産馬のオープン馬が少なかった。

したがって抽選により出走できる馬が多いことになった。

広告を非表示にする