ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

1997桜花賞回顧1

これからしばらくNiftyの記事を元にして、1997年桜花賞を回顧しよう。

☆当時の桜花賞に出走するためには・・・

桜花賞阪神競馬場芝1600mで行われる内国産限定18頭立てのレースであった.

(現在とはコース形態が異なる。)

当時のトライアルレースは,チューリップ賞阪神),報知杯四歳牝馬特別阪神),アネモネS(2000年から中山開催)の三つだ.

これらで上位に入着すれば,優先出走権を得ることができる.

他にオープン(重賞含む)競走の勝馬や重賞二着馬などもほぼ出走可能である.

トライアルで優先出走権を得られなかった,二勝馬あるいは一勝馬は、抽選によって選ばれない限り出走することは叶わない。

しかし,抽選により出走権を得た幸運な馬が,本番で比較的多数、連対している。

無理にステップレースを使って、クラシック出走権を得ても、その反動で本番に結果を残せないぐらいならば、ステップレースなど使わない方が良いと言う考えが各陣営にある。

したがって、抽選で出走権を得た馬もしっかりと追ってくれば、狙って良い。

☆レースの性質について...

4才牝馬によるマイル戦.スピード(先行力)だけでは勝ちきれない.

(現在よりはスピード優先だったかも知れない。)

最後の直線での根性比べがある.

なかなか並んでの叩き合いというのは少ないが,89年のシャダイカグラホクトビーナスの逆転劇や,93年のベガユキノビジンの接戦など楽しめるレースも多い.

92年から坂が出来たため,直線での瞬発力タイプが台頭してきたようだ。

☆過去の傾向

○96年 

阪神 良馬場 スローな展開

1着 ファイトガリバー 2枠からイン後方で折り合い、直線内から外へ出して、鋭く差しきり

ペースが落ち着き,前半での折り合いと決め手勝負となった.

前哨戦のアネモネSで人気になりながら、道悪のため惨敗していた。

ここでは人気が無く,父ダイナガリバーということもあって,多くの人はノーマークだった.

この後は樫で殿一気の2着を得るが、その後はさっぱり。

2着 イブキパーシブ 7枠好位から四角先頭も一息

クイーンカップ勝利後,一息入っていて,南井騎手もテン乗りと不利が重なっている.

レースではペースが遅く,枠順の不利を吹き飛ばしたが,ゴール前の踏ん張りが利かなかった.

○95年 

稍重 阪神大震災のため京都競馬場で開催

1着 ワンダーパヒューム 外漸進伸

前哨戦アネモネSで、逃げるヤングエブロスを直線単騎で追いかけ二着.

着差があったため,本番での人気は下がったが,あの脚は牝馬とは思えない地脚だった。

レースでは、京都マイルで道悪の外枠有利を生かして,捲り気味に上がり,

最後はダンスパートナーの追込を押さえ込んだ.

瞬発力というより長く良い脚を使うタイプ。

2着 ダンスパートナー 外追込届かず

前年ダービー2着のエアダブリンの下ということで早くから人気になるが、勝ちきれないレースが続く。

出が悪く,チューリップ賞ユウキビバーチェに届かず二着だったが,本番でも再び出足が悪く勝ちきれなかった.

しかし,どんな相手に対しても二着を取ってくる辺り,底を見せていない感じはあった.

4着 ライデンリーダー 安藤克巳(当時笠松在籍)騎乗

中団ジリジリとしか伸びず本来有利な筈の内枠を引いたのだが、阪神大震災のため今年は京都施行であった。

案の定、外に持ち出すチャンスがなく、内でずるずる下げる流れ。

直線で何とかこじ開けて出てくるが、時既に遅し。

94年

良馬場 阪神

1着 オグリローマン 内から直線中一気

前前走のエルフィンS(阪神)で好位を追走しながらも、直線ずるずると下がり、ローブモンタントに惨敗した.

また田原に乗り変わった,チューリップ賞(中京)では追い込んでアグネスパレードの二着.

当てにしずらく,1枠ということもあって,人気を少し落とすかと思われたが、武騎乗もあり、三番人気。

正直言って、これはオグリ人気であり、割に合わないという気持ちで見ていた。

しかし、道中インのポケットで折り合いを付けて,直線だけ外へ出して,先行粘るツインクルブライドを一瞬にして差しきった.

折り合いが全てだった.

2着 ツインクルブライド 好位粘り込み

桜花賞トライアルでは人気になりながら,ゴール前一息だったが,本番ではあわやの粘り腰.

このぐらいの距離がぴったりだったようだ.展開的にも緩やかで向いていた.

3着 ローブモンタント 中団一息

阪神三歳牝馬Sを休み明けわずか二戦目でヒシアマゾンの二着.

田原騎乗でエルフィンSも完勝して,一躍大本命に推される.

横綱相撲をする羽目に陥ったが,ペースが緩く,自分から動いた分,ジリになってしまった.

○93年 阪神良馬場

1着 ベガ 先行伸

チューリップ賞を完勝して、絶対の一番人気。

それを敢えて先行して、力ずくで押し切ってしまった。

スタミナのある勝ち方だったが、この辺りがオークスへとつながる。

2着 ユキノビジン 内から直線伸びる

中山のクロッカスSで牡馬相手にぶっちぎる。

サクラユタカオーのマッチョな牝馬で、パドックで見た途端、この馬は来ると確信した。

3着 マックスジョリー

マックスビューティーの娘。

府中のサフラン賞で完勝し、クラシックロードへ。

しかし、前走ヤマヒサローレルの逃げ足に屈し、瞬発力に疑問符。

○92年 

時計のかかる新阪神競馬場で良馬場

1着 ニシノフラワー 直線伸

三歳時は重賞三連勝で最優秀三歳牝馬

しかしまさかの前走チューリップ賞を敗戦で鞍上河内に乗り変わり。

ここはまったく危なげなく中団好位から抜け出し、完勝。

2着 アドラーブル 捲り外伸び

ニシノフラワーをマークでコーナーから早めに捲り始めるが、最後まで届かず。

村本は仕掛けが早かったと悔やむ。

これがオークスにつながる。

○91年 

良 阪神改装で京都開催

1着 シスタートウショウ 外伸

無傷の連勝馬同士の対決となったが、

勝ったのは、もっとも人気のなかった、トウショウボーイ産駒だった。

外枠からじわじわと捲り、直線で先頭に躍り出るとそのまま押し切った。

2着 ヤマノカサブランカ 直線内伸び

人気薄も桜花賞を得意とする善臣がインに入れて、直線するすると差し込む。

大穴万馬券

3着 ノーザンドライバー 直線外伸び

シスタートウショウのステープルメイト。

陣営も牡馬相手にデイリー杯を勝っているだけに、実力はこちらと思っていただろうが、

道中シスターの強烈な捲りにおつきあいした分、ゴール前で止まってしまった。

4着 スカーレットブーケ

クイーンカップを勝っていて、決して弱いわけではない。

しかし武騎乗も、この馬、どうも右回りになると、力を発揮しきれないようだ。

5着 イソノルーブル 逃げ一杯

レース前に落鉄が判明。早速鉄を打とうとするが、気が強く打たせない。

しかたがなく落鉄のまま、走らせた。このことが後で話題となる。

しかし、オークスで誰も競り掛けなかったのは、サークル内にも同情論が多かったのではないか?

(つづく)

広告を非表示にする