ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

エリモジョージ物語3

宝塚記念・グリーングラスとの対決

六歳のジョージは低迷する。

春は全く勝てず、宝塚記念の出走を諦める。

休み明け、秋の中京オープンは久しぶりに勝つ。

左回りで勝てたのだから、調子は良いだろうと思って、出走した年末の阪神大賞典は9着だった。

有馬記念を諦めて阪神に出たのに、この体たらく。

明け七歳の日経新春杯も4着。

まあここまでは池添だから仕方なかったのだ。

春の京都記念は福永に手が戻り、60キロで4馬身差の圧勝。

休み明けだった天皇賞ホクトボーイは、力尽き三着に敗れる。

続く鳴尾記念は、62キロ背負ってホクトボーイに大差勝ちしてしまう。

もう完全にジョージは本格化したと確信した。

二年ぶりの宝塚記念である。

一番人気は岡部騎手を配する春の天皇賞馬グリーングラス、そして二番人気が我らの気まぐれジョージ、三番人気は秋の天皇賞馬で前走オープン勝って気勢が上がるホクトボーイ

51年最強世代の天皇賞馬二頭に対して、弱い50年世代の天皇賞馬が逃げ切るか否かがポイントである。

重馬場の発表だがそれほど酷くはない。

一秒程度余計に掛かるぐらいだ。

スタートした。

外枠から気持ちよく先頭に立った福永に対して、同期岡部は仕掛ける隙を見つけられない。

グリーングラスも天皇賞の疲れが出たのだろう。

あれよあれよと回る内に、4馬身差でエリモジョージの圧勝劇は終わった。

この馬に対する福永の評価は非常に高かったと聞く。

440キロ前後の小柄な馬体で60キロ背負わされてもカンカン泣き一つしなかった。

グリーングラスと逆で、外からかぶせられるのが嫌だったから、直線では中央をまっすぐ走ってきた。

道悪は苦手と思われていたが、古馬になって克服した。

その後、高松宮杯は一番人気に祭り上げられたが、惨敗。その後も一勝も出来ず、引退する。

エリモジョージの引退式の日、鞍上には福永の姿はなかった。

エリモジョージ 2001年4月10日死亡

レースデータは次のサイトをごらんください。

http://csx.jp/~ahonoora/erimo_george.html