ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

エリモジョージ物語1

昭和51年春の天皇賞

大久保正陽厩舎所属

セントクレスピン、母パッシングミドリ、祖父ワラビー

3歳の勝鞍 新馬、白菊賞

4歳の勝鞍 シンザン記念

5歳の勝鞍 天皇賞春、函館記念、秋の京都記念

6歳の勝鞍 秋のオープン

7歳の勝鞍 春の京都記念鳴尾記念宝塚記念

44戦10勝2着1回3着4回

S47.3.17生まれ、天皇賞タイテエムと同じ出口牧場の生産馬である。

☆クラシックロードのエリモジョージ

(旧)三歳時は1200mのデイリー杯惨敗後、松田幸春騎手で1400mの白菊賞(200万下)を完勝する。

そして初めて福永洋一に乗り替わり阪神三歳Sに挑戦して、ライジンの三着に敗れる。

しかし福永はたしかに手応えを掴んだようである。

明け四歳初戦はシンザン記念

途中で先頭に立ち、直線では馬場の良い外八分どころに持ち出したにも関わらず、キョウワジャンボ相手に完勝する。

しかし一番人気で勝ったのはこれが最後となる。

「気まぐれジョージ」の始まりだ。

気むずかしいのか、レースで福永は右の見せ鞭を使っていたと思う。

また馬場は荒れていて時計の掛かる良馬場だった。

年明け二戦目は3月初めの毎日杯である。

前走の勝ちっぷりから一番人気に支持されるが、休み明けのせいかフサトロキノーの6着に沈む。

続いて3月末に行われたスプリングSが、東上初戦である。

弥生賞カブラヤオーの2着に頑張ったロングホークが見事一番人気に答え勝利を収めるが、エリモジョージは7着に沈む。

いよいよクラシック第一弾皐月賞

9番人気だったが、外から伸びてカブラヤオー、ロングホークに次ぐ三着と健闘した。

エンジンが掛かってきたようである。

しかしNHK杯で初めての道悪競馬を経験する。

三番人気に支持されながら結果はカブラヤオーロングファスト(ダービー馬ロングエースの弟)の12着に終わる。

そしてダービーは良馬場に恵まれ、四番人気に支持されるが、結果はやはりカブラヤオーロングファストの12着に終わった。

左回りもどうもイマイチである。

また本来同一脚質(スプリンタとステイヤの違いはあったが)であるカブラヤオーにはどうしても敵わなかった。

ダートの札幌記念ツキサムホマレの12着と惨敗して、彼はエリモ牧場で夏休みに入る。

S50.8.14、そのエリモ牧場で火災が発生し、10頭の馬が死んだが、エリモジョージは九死に一生を得る

秋に二冠馬カブラヤオーも休養に入ったが、四歳勢は活躍を続け、先行馬コクサイプリンスが菊花賞を勝ち、差し馬イシノアラシが有馬記念を制した。

エリモジョージはその年の後半を休養して年明けのレースに備えた。