ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

Understand の語源

Understandは何故、「下に立つ」なのに、「理解する」になるのか?

中一の甥に聞かれて、うーんと考え込んでしまった。

早速、英和語源辞典を読む。

understandan という古英語から来ているが、「何故、下に立つと理解できるのか不明である」とある。

埒が明かないので、オクスフォード英英辞典を見るが、語源は載ってない。

独和辞典で、理解する「verstehen」(非分離動詞)を見る。stehenは英語のstandである。

しかしこれも何故、ver(代理)が接頭辞なのか、よくわからない。

フランス語だと理解するはcomprendreだが、これは英語のcomprehendのカウンターパートである。

仕方なく、インターネットで検索する。

online etymology dictionaryによると、なかなか面白いことが書いてあった。

まぼろしの印欧語を使って、語源を解説している。

この説が気に入った。

英単語まんだらという本がある。

よくわかってない言語である、印欧語をベースに語彙のネットワークを増やそうと言う本だ。

ギリシャ語源とラテン語源とを、統一して扱えるのがミソ。

言語学者ではないのだから、印欧語がどういう言葉だったかなんて問題ではない。

それを種に頭の中で、語彙の連想ができればいいのである。

素人から見れば、語源とはそういうものなのではなかろうか。

広告を非表示にする