ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

歌伝説 ザ・ピーナッツの世界(NHK BS2 )(3)

さらに曲リストを続ける。

◎海外進出の時代

「情熱の花」のオリジナルを歌ったカテリーナ・バレンテに呼ばれてオーストリアのテレビ出演。

好評を受けて、ドイツのテレビにも出演。

ドイツ語やフランス語でレコーディングしている。

さらにアメリカに渡り、エドサリバン・ショーとダニー・ケイ・ショーにも出演。

「フジヤマムーン」(ドイツ語録音)〜「ハピーヨコハマ」〜「マイファニーバレンタイン」

また日本を代表する歌手として、NHKが国際コンクールに参加した番組「若さとリズム」に出演。

「明日になれば」(安井かずみ作詞)〜「ウナセラディ東京」(和服姿で和風アレンジ)

◎路線変更・・・新しい時代の歌謡ポップスに挑戦した。

「さよならは突然に」

1972年、鈴木邦彦作曲、山上路夫作詞。R&B風歌謡曲

「ガラスの城」

1968年、鈴木邦彦作品。GS風ブラスサウンド。

「ローマの雨」

1966年、すぎやまこういち作品。

◎女シリーズ(しっとり歌謡曲路線にも挑戦した。)

「サンフランシスコの女」

1970年、中村泰士作品。

「大阪の女」

中村泰士作品。北新地のママさんの定番カラオケだ。

「東京の女」

1970年沢田研二作曲。

◎そして引退へ

「ブギウギビューグルボーイ」

1974年最後の紅白出場曲。

1975年についに引退を発表。

リズムが8ビートから16ビートへ移り変わり、年齢的にも第一線で歌い続けることが難しくなったのだろう。

潔い決断だったと思う。

城達也の声が懐かしい。

高度成長時代に日本企業が海外進出する中で、それに合わせたかのように海外へ旅立ち、日本文化をアピールした功績は計り知れない。

本来は国民栄誉賞ものだった。