ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

歌伝説 ザ・ピーナッツの世界(NHK BS2 )(2)

曲のリストを続ける。

◎テレビの人気者になり、主題歌も自ら唄った「若い季節」(NHK

画像では横山道代がセンターに立っていて、黒柳徹子が右端に立ってる。

似た顔の二人だ。

ちなみに、ニン坊が横山でトン坊が黒柳だったっけ?

シャボン玉ホリデー」(日本テレビ

これぐらいから記憶にある。この番組では、クレイジーキャッツと共演している。先頃亡くなった植木等はインタビューで開き直って、ぼけていた。

「君ほほえめば」「スターダスト」

彼女たちがもう十年早く生まれていたら、ジーン・ケリーの映画に出たんじゃないかな。そうなっても、おかしくないほどの、ダンスのリズム感だ。

◎オリジナル曲の時代

「ふりむかないで」

ジャズ出身の宮川泰がピーナッツの育ての親だった。

1962年宮川泰作曲として、初のオリジナルヒット。

ただし、このビデオはずいぶん後のものだと思う。

恋のバカンス

1963年宮川泰作曲

恋のフーガ

1967年すぎやまこういち作曲、宮川泰編曲。

◎初期は映画出演も多かった。

東宝映画「可愛い花」、「私と私」、「モスラ」などに出演。

山口百恵以前の東宝系歌うスターだった。(東映映画には「右門捕物帖」に出ている。)

モスラ」(1961)

作編曲は古関裕而、さらに作詞は由起こうじ(田中友幸本多猪四郎関沢新一の共同ペンネーム)という豪華メンバーだ。ただし実際はインドネシアの留学生に頼んだとか?

"モスラヤ モスラドゥンガン カサクヤン・・・♬"

ザ・ピーナッツ・レア・コレクション

◎「ウナセラディ東京」

1964年宮川泰岩谷時子作品。名曲と言われている。(僕はそれほど好きではなかった。)

当初、タイトルは「東京たそがれ」といった。

翌年レコードのステレオ化に合わせて(それまではモノラルだった。)、タイトルを改めようと言う話になった。

この頃カンツォーネブームで、岩谷が「ウナセラディ東京」と題名を変えたところ、国内で大ヒットした。

この曲は、ヨーロッパで盛んに逆カバーされ、カテリーナ・バレンテも歌っている。

それが縁でザ・ピーナッツは、ヨーロッパ進出の機会を得る。