ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

刑事犬カール 細く赤い絆

1977年9月12日、木之内みどり主演ドラマ記念すべき第一回。

こんなものまでミステリ扱いしてすみません(笑)

木之内みどりが好きだったもので。

☆☆

警察犬の訓練所に配属された婦警・高杉洋子(木之内みどり)が事件を解決しながら、成長する様子を描いている。

第一回から彼女の部屋のシーンがあり、普段着でいる。

れが恐ろしいほどのペチャ○○である。

巨乳全盛の今だったら、デビューさせてもらえないだろう。

相手役は加納竜。

現場から左遷されて、ひねくれている刑事だ。

ブルースハープを巧みに吹くシーン(多分、吹替)がある。

加納竜の上司役で日活の名脇役・武藤章生。

訓練所長役で神山繁

ゲストは巡査役でドリフの荒井注。消防士役で石山雄大が出演。

彼女の下宿先はペットショップの設定。

ケンちゃん宮脇康之がその家の息子で、福田豊土はその父親役。

しかしケンちゃんは3カット、福田は1カットの登場と、大物を使いながら、安く製作している。

テーマは赤い糸。

犯人を慕う犬のあとを、カールに糸を結んで追跡させる。

さらにその後を糸をたぐって、町中を刑事達が追いかける。

これが本当に行われたとすれば、多くの人に迷惑をかけると思うのだが(笑)