ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

タイムドメインと富士通テン

(2005年4月の懐音堂記事)

タイムドメイン社のアクティブスピーカー・ミニをパワーマックに繋いでいる。

こいつは安価に関わらず、ハイエンド顔負け(?)の音を出す。

エンクロージャーが球体で柔なので、実に音が柔らかい。クラシックやボーカルは得意である。

ジャズのゴリゴリベースやロックのきらびやかなシンバルは苦手だが、それは音質の問題であり、インパルス応答は良さそうだ。少なくとも理論上はそうだ。

音楽としてはどのジャンルでも聞きやすい音になる。しかし優しい音というのでもない。

すこしだけリッチな音楽を楽しむため、1万8千円のお金を惜しくないという、お金持ちにはお勧めだ。

タイムドメインから、おそらくOEMか技術供与を受けている、富士通テンは、トヨタの関連企業だ。

時代は名古屋、名古屋と言えばトヨタトヨタと言えば丸形デザイン、丸形デザインといえばエクリプス。

根が一本に繋がっているということは、オーディオ業界では知られているのでしょうか(笑)

日本の金型技術は世界一なのに、国産スピーカーにはあんまり応用されていないような気がする。

シングルコーンの重要性が再認識されてきた一方、箱の方がいつまでも立方体なのは、不思議だ。

ここからは2007年の記事。

エムイーティーも、タイムドメインをはじめた。

誰か人身御供になって試聴記を出して欲しい。