ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

御家人斬九郎 柴田錬三郎 新潮CD

痛快無比な剣豪小説。

斬九郎が若い娘の招きで高級料亭に入ると、その娘は一糸まとわぬ姿で自殺してしまう。

その場にいた長崎屋は、これを殺人として届け出た。

斬九郎は百両を受け取り、事件に巻き込まれる。

帰途早速、虚無僧姿の8人に囲まれる。

中村梅雀の朗読だ。

歌舞伎(前進座)の人は、男役女役ともに、たくさんの声色を持っていて、楽しませる。

また梅雀の声は、親父の梅之助(遠山の金さん)そっくりだ。

それが最後の落ちに繋がってくるとは、思わなかった。

原作: