ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

SACDについて疑問

(2005年4月の懐音堂記事から)

Q:SACDもマーキュリー盤とRCA盤が出てきて、少し興味を持ち直しました。

A:アナログの遺産を食いつぶしているだけですよ。

Q:プレーヤーでまともなものは出ましたか?まだ音の立ち上がりと厚みが両立しないのでしょうか?

A:前よりはマシになった。しかし、立ち上がりがよくなれば、厚みがなくなる。いわゆる、緩い音が好きなハイエンドオーディオメーカーが手を付けないことからもわかろう。

Q:SACDマルチは音の薄さを補う目的でやっているんですかね?

A:現在のマルチ再生レベルではおまけ程度と思われても仕方がない。

Q:音が遅くなっても良いと言うのならば、もともとマルチ録音のポップスでやった方が面白そうですね。

でもセンタースピーカーって、ツイーターの位置をあげないといけないでしょう。ホームシアターと両立しないのではないですか?

A:しません。

Q:センターを省略するファントムモードってありますか?

A:まだありません。

一部のDVD-SACDプレーヤーは、ハイブリッド盤とコンパチでないため、再生不可である。もちろん、CDとしては再生可能である。

そのこともSACDの人気を落としている一因と思われる。

もはやパッケージソフトの時代は過ぎた。

広告を非表示にする