ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

Tivoli Audio Model One (AM/FMラジオ)

(2005年11月の懐音堂から)

昼休みに急いで家に戻ると、あった、あった(^o^)

宅配便で送られてきた、小振りな箱である。

その中からもう一つ小さな箱が出てきた。

iPodの箱を一回り大きくしたようだ。

早速、チボリオーディオのレトロラジオ・モデルワンを引っ張り出した。

意外に軽い。エンクロージャーの重さしか感じない。

ユニットは安物みたいだ。

附属品やマニュアルは、必要最低限なだけしか付いていない。

早速、エイジング開始である。

まずはAMから。

ラジオ関西はSINPO=55555で入る。

局まで10kmしか離れていないのだから、当然である。

NHK朝日放送毎日放送も入ったが、大阪の局はノイズが乗る。(これはエイジング不足によるものだった。のちに解消されている。)

FMは内蔵アンテナではなにも聞こえず。

附属の室内簡易アンテナで何とか聞こえるが、大阪の局は相当にノイズが乗っている。

アナログダイヤルは思ったより重い。

バックラッシュはほとんど感じない。

しかしデジタルチューニングに慣れきっているから、指の感覚を取り戻さなくてはならぬ。

昼休みはここまで。

午後半日は鳴らしっぱなしにしておこう。

モノラルスピーカーがバスレフだけあって、開放的な鳴り方をする。

今のところ凄く音がいい、というわけではない。

しかし自宅で埃をかぶっている、オンキヨー・2万円チューナーの中波放送ほど、こもった感じがしない。

そこは気に入った。

***

モデル1は夕方になって、中波で遠距離放送も入ってきた。

しかし局間にノイズがある。

これでは東京の放送局が聞こえにくい。

やはりパソコンの横では力を発揮できない。

パソコンのない部屋に移る。

そこだとAMアンテナなしでも感度、選択度ともに相当に上がってくる。

隣接局が混信していない。

近畿放送文化放送が完全に分離している。

もっとも昔の五球スーパーでもこれぐらいは聞こえたのだ。

モデル1の力は、昔の据置ラジオ並と言える。

「飾りじゃないのよ涙は」を中森明菜ではない女の子が歌っている。

さすがにバスレフだ。

迫力がある。

午後7時から9時ぐらいと言うのは、中波は日本全国懐メロタイムだ。

東海林太郎からシューベルツまでかかっている。

「みかん色の涙」(ずうとるび)もフルコーラス掛けていた。

これがもう少し遅くなると若者向けになる。

さらにずっと遅くなると、超早起きの爺向きの音楽がかかりはじめる。

母にラジオを聴かせてやろうと思い、親孝行で買った機械だが、俺も結構楽しんでいる。

しばらく、黙って使っておこう。

***

モデル1がBCL受信機と比較して上回っている点は、音質だ。

ふつうトーンコントロールを使って、聴感上の選択度を上げるものだ。

このモデル1はまるで音質を向上させながら、聴感上の選択度を上げているようだ。

受信機は最近、SSBフィルターで選択度を取っているので、まともに聴けたものではない。

短波ならまだしも、中波にはモデル1のやり方が正しい。

さすが、ラジオの国アメリカである。

しかし音にメリハリが多少利いているので、老人向きではないかもしれない。

老人向きの音とは、NHKが開発した「ラジオ深夜便」専用ラジオみたいなものだろう。

***

AMについてはアンテナを試していない。

パソコンルームでは、やるだけ無駄である。

地元局に必要な感度はあり、アンテナがなくても十分聴ける。

FM はTVアンテナで十分だが、ケーブルテレビなので、周波数が外部アンテナの場合と違っている。

わが家の場合、長田の在日外国人向けコミュニティ局FMわいわい、FM-NHK大阪、FM-NHK神戸、JWAVE系のFM802FM東京系のFM大阪、地元神戸のKissFM、InterFM系の FMCOCOLOが強い感度で入ってくる。

外部アンテナでは弱く入電する、FM京都FM滋賀がTVアンテナだと入らない。

FM京都α-station)は独自性の強い局で地元では人気が高い。

89MHzあたりにあり、ケーブルテレビが入っているときは絶対に聴けない。

大きな外部アンテナを用意するかなあ?

***

モデル1のAUX INについて。

もちろん、iPodを繋いでいるが、何を掛けるかが問題である。

私の場合は、朗読ものや講演ものを好んで掛けている。

これらは、もともとモノラル音声が多い。

このAux inは重宝する。

AMにもFMにも面白い番組がない場合、スイッチ一つで切り替えられる。

しかもHiFiで聞く必要がないときもあるものだ。

好きなラジオ番組のテープがある場合は、それをmp3に落として掛けるのもいいだろう。

バスレフポートにはティッシュを詰めている。

メリハリの利いた音を少し殺して、やさしい音になる。