ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

牧美智子 暁に駆ける 1976

アイドルの歌唱で、もっとも疾走感に溢れた作品だ。

(二番目は、麻丘めぐみ「森を駈ける恋人たち」だ。作曲は筒美京平。)

彼女は、愛原洋子という芸名で、演歌っぽい「わたしの心ながさき」でデビュー。

74年に牧美智子と改名した。

75年に朝日放送「二人の事件簿」(午後10時台の放送)に、美杉婦警としてレギュラー出演。

主題歌「街のともしび」(歌謡曲風)を歌う。

76年には同じ朝日放送「新・二人の事件簿」(放送時間が午後8時台に移ったおかげで、番組自体は面白くない。)に、やはり美杉婦警としてレギュラー出演。

その主題歌「暁に駆ける」が、ヒットした。

作詞 千家和也 作曲 菊池俊輔 編曲 馬飼野康二

タイトルロールで、疾走するパトカーから見える都会の映像を垂れ流していた。

そのシーンに、このテーマが妙にマッチしていた。

最後の唐突な終り方も、菊池俊輔流だった。

巡り合って 別れてゆく

あ・い・するもの同士

まもなく空に 日が昇る♬

エンディングテーマは、やはり牧美智子が歌う「星空のスキャット

写真写りが悪い彼女だが、テレビで見ると、一輪挿しのように可愛らしい。

そんな彼女も77年には「わたしのギャラリー」という、モーツァルト交響曲第40番に似た作品でミソをつけて、消えてしまった。

たしかホリプロの所属だったと思う。

だから出演番組に百恵ちゃんや和田アキコ、片平なぎさらがゲスト出演していたのだろう。

収録アルバムは、これ。

「星空のスキャット」はないが、「街のともしび」は入っている。

ポリースマーンで有名な『大捜査線』主題歌「君は人のために死ねるか / 杉良太郎」も所収。

刑事魂 ~ TV刑事ドラマソング・べスト

マサヤンさん、コメントありがとうございます。

(懐音堂から転載)