ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

オーディオケーブル・ラック類について

Digital cables: Audifon Premier RCA and XLR

レンジは拡げないタイプだ。マランツDACの受けは、4713のRCA出力に対して、RCAとXLRの変換アダプタをつけていた。

Interconnect cables: AC design Conclusion1.4X (DAC-Amp)

AC Design は、情報量損失が殆ど無く、音場の見通しを良くするケーブル。

Speaker cables: AC design WTC2

これもAC Design TCSケーブルからの乗り換え。解像度が上がり、低音に馬力が出た。

Power Codes: AC design ZERO

このケーブルは少し柔らかくなるが、ピアノの右手はざらつくことがある。これを押さえるのに、なかなか苦労していた。

Power Taps: CEC

CECの電源タップは、おっとりしている。ギスギスしたところがない。

Audio Boards: 御影石

オーディオベースの定番とも言うべき御影石、やや粗いが、CPは高い。

DAC・・・小型の御影石を入れて、DACにスパイクを着けた上で、ブラックメタルのスパイクベースで受けていた。

デジタルアンプ・・・床に直起きした御影石の上にタオックのサウンドボードを載せ、そこにローゼンクランツを敷いていた。

スピーカー・・・添付のスパイクを使い、御影石にJ1の黒いスパイクベースで支えていた。

Audio Racks: ハヤミ工産 GS-611

38キロと重いのが取り柄。フローリング床と底板との間には、カーペットの切れ端を挟んであった。