ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

Loudspeakers: Dynaudio Contour 3.3

思い出のスピーカー編、ディナウディオ・カンター3.3。

Infinity Kappa から切り替えた。

ローズウッド仕上げがディスコンになるので、安くしてもらった。

第一印象ではアンプさえしっかりしていれば、使いやすいトールボーイスピーカーである。

レンジは、モニター系スピーカーと比較すると狭いが、音楽を聴く分には問題はない。

音は、すべてにおいて作為のない自然な音だ。

ところが世間のコンター評は、大きく分かれている。

まずY際電器で聴ける、コンターの廉価機は音が悪かった。

あれを聴いてコンターなんて、と思っている人は多い。

たしかに高音にまったく刺激感が無いのがディナの特徴。

ティールやB&Wみたいな強調感を持たせていない。

だからセッティングが悪いと音が団子になる。

それを高音が出ないと勘違いされるわけだ。

使いこなしてみれば分かるとおり、高周波でもって音場感(ホールの雰囲気)をさりげなく醸し出すタイプ。

作為的な感じがまったくしない。

音の密度感は欧州系としては、しっかり出ている方だ。

立ち上がりのスピードは、あまり強調されていないが、遅くない。

低音はやや締まっている方だが、普段はこれ見よがしには出てくるわけではない。

オケのティンパニロールなどは、恐怖さえ感じる。

敢えてコンターの問題点を挙げれば、空間が必要だ。

狭苦しい所では音も窮屈になる。

現在、8畳間で鳴らしているが、壁に近づけると、反射音の問題が出てくる。

しかし吸音材を入れすぎると音が死ぬ。

そのため、左右のスピーカーの間隔を狭くしてセッティングしていた。

さらに耳の高さ、すなわちコンターのツイーターの高さに被る家具はみんな取り除いた。

どんな部屋にでも、ぽいっと置いて聴けるスピーカーではないと言う意味では、たしかにコンターは難しいのである。

しかしそれを言えば、いまどきの音場型スピーカーは、もっと難しい。

アンプとの組み合わせ問題で言うと、ラックスのBTL(C-7i + M-7i×2)で駆動していた頃は、これだけのスピーカーを使うのだから、アンプが場所を取っても、仕方がないと諦めていた。

しかしこれがシャープの1ビットデジタルアンプだと、あっさりと鳴ってしまう(笑)

100万円のスピーカーに100万円のプリメインアンプというのは、価格バランスとしてもぴったり。

しかしあっさり他のスピーカー(ディナウディオ・スペシャル25)に乗り換えてしまった。

学生時代、セレッションのSL700を見て、音質ではなく小型2ウェイというデザイン性に惚れたが、年を取ってからも同じ病気が出てきた。