ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

Integral amplifier:  Sharp SM-SX100

懐かしの名機シリーズ。

数年前のことだ。CD登場以来のオーディオの技術革新「1ビットデジタルアンプ」。

疑心暗鬼で自宅試聴したが即、ラックスのアンプ三台を売り飛ばして、買い換えた(^^;)

位相ぴったり、ジャストミートの音(笑)。

ノーチラスN801でも難なくドライブするのだから、超ワイドレンジ。

素材の良さをずばり出す一方、悪さも丸出しにする。

サウンドに対してカラーリングは何もしない。

だから、アンプによる色づけを好む、古典的ハイエンド指向の人には、向かない。

優秀録音CDは何もしなくても、良い音で鳴ってくれる。

粗悪な録音盤を鳴らすのは、使いこなしが必要でしょう。

CDのデジタル入力は、やや元気が良くなる方向だ。

クラシックを聴く場合は、マランツDACからのアナログ入力が良かった。

ちなみにSACDは、発売当時としては、知る人ぞ知る DVD/SACDプレーヤー・DVP-S9000ESのアナログ出力をホームシアターから引っ張ってきて、DSDサウンドを楽しんでいた。

このアンプは、捨てがたくて、オーディオを引退する最後まで持っていた。