ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

なつかしい言葉の辞典 泉麻人 三省堂

昭和30年代後半から40年代前半に、東京の子供たちがよく使っていた、言葉(死語)を集めた本。

イマイチつっこみ不足で、期待の割にたいして面白くなかった。

東京言葉が中心だった、ということもある。

泉麻人はTBS系「テレビ探偵団」のときから、それほど面白い人ではなかった。

三宅裕司が苦労して、盛り上げていた。

自分の体験をおもしろおかしく語る人じゃない。

しかし、この人は資料をたくさん持っている。

いくつか紹介されていて、面白そうだった。

次はそれを読んでみたい。

印象に残った死語は、

おたんこなす、ガンコオヤジ、グレン隊、現代っ子、傷痍軍人、少年合唱団、しょってる、すかしやがって、ちぇっ、

といったあたりか。

シノーコーショーと紹介されている遊びは、関西では大高中小といった。

もしかしたら、差別にうるさい関西では、改称されたのかも知れない。

なつかしい言葉の辞典