ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

Marantz Project D-1

これも知る人ぞ知るDACの名機。

雑誌の評価は散々だったので、当初売れなかった。

多くのショップが、ネットで絶賛したため、何とか完売した。

CDトランスポートの組み合わせは、かなり選ぶと思う。

ソニーのCDプレイヤ(デジタル出力)と組み合わせると、やはりソニーの音が強く残る。

自分の色に染めようとしていない。

敢えて音質を言えば、フィリップスのCDプレイヤーLHH上位機種に近い、率直で滑らかな音である。

しかもかなり可変的だ。

秘密は、「スケーリング」という機能。

16ビットを使いこなしていない古い録音の場合、スケーリングを上げてやると、引っ込んでいた音像が前に出てきて迫力が増す。

逆にオンマイク過ぎて、サ行がきつくなるようなサウンドなら、スケーリングを下げてやれば、聴きやすくなる。

おかげで、楽しめるCDの範囲がかなり拡がった。

---

これも数年前泣く泣く手放した。

新しく生産されていないから、今持ってる人は大事に使ってください。

広告を非表示にする